忍者ブログ
熱しやすく、冷めやすい、多趣味人間の書く多ジャンルブログです。 私的エトセトラ系列の総本山!!(過去に色々なブログで書いた、お気に入り過去記事を不定期にこのブログにアップしていきたいと思います。) その他に、「カテゴリー」→「掲示板」にて2ちゃんねる型掲示板もやっています。気軽に書き込みお願いいたします。 ドシドシコメント、トラックバックお寄せください!! ブログランキングご協力お願いいたします。 漫画、格闘技、音楽、ゲーム、映画、アニメ、テレビ 、本、スポーツ、動画、ランキング、私的あれこれなどなど書いていきます!!! 現在、特にボクシング、XBOX360(特にキャッスルクラッシャーズ、テイルズオブヴェスぺリア、アンリアルトーナメント3)、将棋、もやしもんにハマッております!!! ボクシング界は今、世界では「ライト級」日本では「スーパーバンタム級」が一番熱い!!(私的見解) 当ブログ全読制覇!!! よろしくお願いいたします!! (管理人名:「さかつ37」で統一!!) 2009.2.21
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(11/14)
(07/25)
(07/20)
(05/07)
(04/12)
(04/12)
(04/05)
(04/01)
(04/01)
(03/31)
(03/29)
(03/29)
(03/24)
(03/24)
(03/21)
(03/21)
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/16)
(03/16)
(03/14)
(03/14)
(03/13)
(03/12)
最古記事
(12/22)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/27)
ブログ内検索
最新コメント
[12/12 AnnokeAlask]
[12/12 Unummaloonake]
[12/05 qqwuafgutz]
[11/30 zpzhwptgkm]
[11/27 wmvrcjhbbp]
[11/27 ywgudcgwto]
[11/15 btwicvfrrh]
[11/15 srnfzdkihk]
[11/15 xyhzcuysdb]
[11/14 Johngrass13252 ]
[11/13 cjecqggtiw]
[11/13 juxelrztpw]
[11/13 qyqnxluquv]
[11/13 cssnlboete]
[11/13 rkelsmsllp]
[11/13 dmykbmlfnd]
[11/13 woilwrzvuf]
[11/13 ovtzukitpp]
[11/13 fqrsfndpnk]
[11/08 Walles3342 ]
[11/08 cltuztjpol]
[11/07 kpjzbnnmeo]
[10/31 Carlsen1534 ]
[10/28 isnhdzjgyy]
プロフィール
HN:
karisuma37
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/03/07
職業:
会社員
趣味:
多数
自己紹介:
漫画、格闘技(特にボクシング)、スポーツ、ゲーム(特にXbox360)、映画、本、アニメなどなど多趣味人間です。
広く浅く??
よろしくお願いいたします!!!
ブログの評価 ブログレーダー
バーコード
フリーエリアⅠ
wwwwwwwwwwwww
*注意*
・たまに記事の文字が原因不明で消えかかった感じになったりしていますが、その消えかかっていいる部分から「マウス」→「左クリックしながら離さないで」範囲指定?するようにしたら、文字が復活します!!!
(コピー?するみたいな感じ?)詳しい用語が分かりません!!
・あとこのページがTOPページじゃない場合があります。 「タイトル」をクリックして、最新ページをご覧ください。 よろしくお願いいたします!!!
以上原因不明な注意事項です!!拍手する

PING送信プラス by SEO対策

よろしくお願いいたします!!!
・フリー情報・
・なんでも情報局・
*XBOX360 実績解除状況
(3.29現在)
「2880」(遊んだゲーム数「44」)

*3.12 ラリオスVS粟生Ⅱ生観戦行ってきました!!
一言感想「面白かった!!」



*下田と対戦したホセ・アルボレダは、WBA世界元2位でなく元1位だったみたいです。(失礼しました。)



*私的愛読漫画発売予定!!
3.17 はじめの一歩 87
3.19 シグルイ 12
3.19 ばりごく麺 2
3.23 聖☆おにいさん 3
3.23 モテキ 1


「バンダム」→「バンタム」で記事をお読みください。 (ずっと勘違い(無知の恥)・・・恥ずかしいです。)

 
----------------------------------------
フリーエリアⅡ
ご協力お願いいたします!!!
よろしくお願いいたします!!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2.21 下田昭文VSホセ・アルボレダ


・録画していたのを昨日観ました。

両者の印象

・元WBA世界1位のアルボレダは、体の動きが柔らかい。

あと、タイミングがいい。(いわゆる当て勘)

・下田はいつもと比べ落ち着いているなといった感じ。


3R1:08 負傷引き分けになったわけだが、1~3Rの間に下田は一度ダウンを喫する。

3Rなんて短すぎて色々とわからないことが多いけど、私的に両者の実力差は少しあったかなと思った。


確かに、下田の時折魅せる切れのあるストレートはやはり素晴らしいが、単発で終わってしまう。

最初のうちは、当たるかもしれないが世界レベルだとそのタイミングに適応していく、能力は当然高い。


要するに、下田の攻めは単調で2Rのダウンは、ダメージはさほどないもののタイミングがだんだん合わされてきている証拠のように思えた。


もし、このまま続行されていれば、もっともっと世界の厳しさを知らされることになったかなと思う。


そして、今回の結果は、下田にとって良いことなのか悪いことなのかはわからないが、今やるべきことは今までと変わらないがその高い『能力』をコントロールし、生かすこと。

正直、今下田は伸び悩んでいる。

壁にぶち当たっている。


しかし、その壁をぶち破った時世界がみえてくると思う。


それだけのものを持った選手だから。
PR
チャンピオンカーニバル 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者 矢代義光(帝拳) VS 挑戦者 三浦隆司(横浜光)
(22戦21勝(12KO)1分)   (17戦15勝(13KO)1敗1分)
 
王者2度目の防衛戦

・最強の挑戦者を迎え撃った、チャンピオンは序盤から苦しい展開。
三浦の思いっきりの良い左右のフックが、矢代の顔面に何度もヒットしていく。
5Rには、三浦の右フックが、完璧ではないものの矢代を捕らえ、ダウンを奪う。
7Rにも、左ボディを喰らい、王者ダウン。
しかし、挑戦者は、徐々に手数が減っていく。
逆に、矢代はだんだんと逃げ腰から本来のキレのあるパンチを放っていく。
ラストラウンド(10R)は、完全に矢代ペース。これぞ、矢代といった感じ。

判定

私的には、後半矢代が攻勢だったが、ダウン2度は跳ね返しきれなかったかなと思った。
なので、判定は三浦。

しかし、判定は、94-96挑戦者、95-95ドロー、94-94ドローで、結果は三浦が1ポイント奪うも、王者のドロー防衛となった。

うーん、チャンピオン2度目の防衛となりましたが、僕の親父いわく(一緒にTV観戦)
「矢代はいいもんもっているけど、気持ちが弱い」。
僕も「確かに」と思いました。

ボクシングセンスは抜群ですが、戦前危惧されていた、「打たれ弱さ」+今回目立った「気持ちの弱さ」が、大きくマイナスとなっている気がしました。

例えば、「自信メーター」があるとして、矢代は、自分が攻勢であるとメーターが徐々に上がっていって、逆にちょっと打たれただけで、「ぐーん」とメーターが下がっているようにみえました。
矢代にとって、今回の試合は自身にとって大きな経験になったと思います。
課題が浮き彫りになって、この課題を克服したとき、さらなる高みが見えてくると思います。
ベルトを失わなかっただけ良しとしましょう。

一方挑戦者は、後半急激に、スタミナ切れてきたのか、ダメージがあったのか、負傷したのか、勝てると思い手堅くなったのかわからないが手数が減ってしまったのが痛かった。
勝てる試合をみずから逃してしまった気がした。
「もったいない」
挑戦者の気持ちを最初だけでなく、最後まで持ってこそ、チャンピオンになれるということを気がつけさせられたような気がした(変な日本語??)。

まとめ

矢代は、自身の大きな武器である日本屈指のキレのあるパンチを生かすには、「精神的弱さ」を克服することだと思う。
噂されている、東洋太平洋スーパーフェザー級王者 内山高志との対戦も、このままでは、必ず負ける。
しかし、克服さえすれば、勝てると思う。
この、経験を糧に大きく成長してほしい。

三浦は、失速の原因はわからないが、あと一歩、この足りないあと一歩を克服さえすれば、必ずベルトを巻けるかなと思った。

とても、ハラハラな試合でした。
このハラハラが今日より4月頃までつづくのかな??・・・
楽しみはつづく!!!




私的ビデオ、DVD観戦記

昨日観たんですが、

ナジーム・ハメドVS マルコ・アントニオ・バレラ です。

マイナータイトル
IBOフェザー級タイトルを懸けて戦いました。

バレラは気合い十分で入場。

ハメドは、グローブが合わないらしく、調整しなおす。
ハメドの入場は、花火や丸いリングみたいなのに、座って
吊り上げられ、浮遊しながら入場。(途中飲み物を投げ付けられる)

リングインはすべるのか、いつもと違い
普通に入る。
(グローブの件やリングインがいつも違うなど不吉な感じ)

試合は、12R全体的に、ガード堅め、ジャブてなかんじで、
バレラ 有利のまま終わった。

何度も、パンチをくらうハメド。
何かせつない感じがした。

試合評価: 12R 壮絶に打ち合うわけではなかったが、全ラウンドピリピリとした緊張感。
(時々小競り合いもあり)

面白かったっす!

次何観ようかな?

私的エトセトラ37αより

12.31 WBA世界フライ級タイトルマッチ観戦記!!


いまさらながら、地上波(TBS)録画観戦!!

ちょい観る暇なくて今日観ました!!


王者 坂田健史VS挑戦者 デンカオセーン・シンワンチャー


2RKO勝者デンカオセーン・シンワンチャー


・坂田健史⇒歴戦の疲れ、激戦の連続でのダメージの蓄積か?

まぁ、ダメージやスロースターターとはいえあんなゴッツイのもらえば、倒れても不思議じゃない。
でも、倒れ方がちょい・・・

とにかく、すぐに今後のことを決めなくても良いと思う。引退はしないでほしい。



デンカオセーン⇒はじめて観たけど、『ハードパンチャー』ッス!! ゴッツイパンチだな。思い切りも踏切りもいいし、力強いし、何より気持ちが全面に出ていた。強いわ!!

全体的感想!!


・勢いの差かな・・・坂田がスロースターターだから、もし・・とか考えてもなんとなくだけど、その日のデンカオセーン・シンワンチャーには勝てなかった気がする。


亀田興毅がやるとかいってたけど、きついだろ!!
タブル世界タイトルマッチ 試合観戦記!!

地上波(テレビ東京)より


・WBC世界スーパーバンダム級タイトルマッチ


王者 西岡利晃VS挑戦者 ヘナロ・ガルシア


12R TKO 勝者 西岡初防衛に成功!!

内容的には、ダウンを何度も奪い完勝でした。

ガルシアは、予想通りタフでガンガン前に出てきました。ダウンを奪われながらも、驚異的な打たれ強さでした。

西岡は、初防衛を意識しすぎか? ダウンを奪っても詰め切れない、攻めきれない。
気持ちは、倒しにいきたくても、体が前にでない。そんな感じに思えました。

しかし最後は、そういったモヤモヤした気持ちを見事振り切り、曲者の撃破に成功!!

課題は、大いにありながらも初防衛戦ということを考えたらしかたないかなと。

次は、ジョニー・ゴンザレスかな?



・WBA世界ライト級タイトルマッチ


王者 小堀佑介VS挑戦者 パウルス・モーゼス


判定3-0勝者パウルス・モーゼス


小堀に対して、観ていて思った事、感じたこと⇒相手が強ければ強いほど、強くなる(意味がちょいわかりにくい?)。
当て勘、タイミングが本当に半端ないほど素晴らしい。
心が強い選手だなと。一切下がらない、弱気にならない。負けん気にあふれている、熱い選手だなと改めて思った。


パウルス・モーゼス⇒打ち合いで不利と感じたら、すぐにアウトボクシングと器用な選手だなと。
上手い、キレある、ディフェンスも堅い。

パンチは、そんなに見掛けほど、威力はないと思った。


全体的に感じたこと⇒当然小堀を応援してたから、この結果は悔しい。
しかし、この悔しさは結果だけではなく、内容なのか?姿勢なのか?わからんが、すんごく悔しい。夢を潰されたからかな??
喪失感というか、切なさというか、空しさというか・・・

すごい熱い試合だったのは、まぎれもない事実。

小堀には、これで終わってほしくない。

まだまだ強くなれると思う。

こんな実力者を、ここまで追い詰めたのだから。

最初にも書いたけど、相手が強ければ強いほど、小堀自身も燃えるのか?
小堀の強さが際立つ。

モーゼスは、負けないボクシングがうまい。
化けるかも!?



ダブル世界タイトルマッチを観てのまとめ的感想!!


・最初が、マイク・タイソンというのに意表をつかれた。


・西岡は、防衛したという点では、合格。


・小堀は素晴らしかった。モーゼスも巧かった。でも、10ポイント差って・・・人の見方はそれぞれだけど。

・テレビ東京のボクシング中継は、良い!!

・また一人坂田につづき日本人世界王者が減っちゃった・・・悲しい!!


あと、アンダーカード

・佐藤幸治は、KO勝ち。

翁長は、負傷判定勝ちだそうです。



12.23 日本ミドル級タイトルマッチ 王者 江口啓二VS挑戦者(1位) 鈴木哲也 テレビ観戦記


江口⇒どうでも良いけど私的に足捌き、フットワークが好き。

一度打たれたら、顔が残る為、何発ももらってしまう。ダメージも印象も悪い。

フック多用しすぎ?
もうちょいジャブがほしいと思った。

スタミナ切れも原因だと思うが、全体的に雑なボクシングだった。


鈴木哲也⇒ガードをしっかり固め、丁寧なジャブが印象的だった。
効いたと思ったら、連打をまとめるところは、良かったが、全体的に手数少ない気がした。
冷静過ぎ?もうちょい挑戦者らしく攻めてほしかった。(私的好みだけど)


距離感が良かった。日本スーパーバンダム級王者 三浦数馬と同じ匂い??がした。

王者と挑戦者が逆の姿勢?だった。


・試合観戦簡単感想


うーん、エキサイトはしなかったけど、より丁寧にボクシングをした方が勝ったみたいな。

鈴木哲也の巧さ勝ちみたいな。


以上
昨日、TBSより

WBC世界フライ級タイトルマッチ 王者内藤大助VS挑戦者山口真吾をテレビ観戦しました。


感じたことをグダグダ書いていきます。


対戦前までは、挑戦資格問題?(まぁ、世界13位だから資格はあるが)というか、決まるまでの流れがなんとなく納得いかないことが多く、周囲と同様批判的見方を持っていました。


たぶん、挑戦者 山口真吾にも、嫌な空気というか、批判的空気のようなものをヒシヒシと感じていたと思う。
試合内容でいえば、内藤がほぼ全てのラウンドを取った気がした。それに、内藤の勝負どころの詰めは素晴らしかったが、しかし、なにより挑戦者 山口のタフさ、根性、折れない心に響いた。

私的には、KOラウンドとなった、11Rは当然だが、4Rも熱かった!!(8Rもなかなか)


あと、体格差はやはり感じられた。

ライトフライ級からフライ級と1階級を上げた山口が内藤より一回りくらい小さいように感じた。


内藤の良さ⇒トリッキーなファイトスタイルで相手のタイミングなど狂わせ、勝負どころをしっかり見極め、仕留められるところ。

あと、年齢を感じさせない豊富なスタミナとプレッシャーを力に変えられる豊富な経験。

山口の良さ⇒当て勘の良さ。タフさ。気持ちの強さ。


正直1~3Rを観た限りでは、『凡戦』の匂いもしたが、4Rでフッと飛び、それ以降は引き込まれた。

なかなか熱かったっす!!


あと、テレビで放送されませんでしたが、注目の日本王座統一戦は、正規王者 清水が、暫定王者 五十嵐に判定勝ちしたそうです。

あと、東洋フライ級タイトルマッチは、王者 大久保が、東洋1位 バルドンに判定勝ちしたみたいです。


最後に、試合開始まで45分くらい?煽られまくってましたが、どうせなら清水VS五十嵐戦をダイジェストで良いので観たかった!!



Copyright 私的エトセトラ37ism~漫画、格闘技、ゲーム、スポーツ、本、テレビ・・・~。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]