忍者ブログ
熱しやすく、冷めやすい、多趣味人間の書く多ジャンルブログです。 私的エトセトラ系列の総本山!!(過去に色々なブログで書いた、お気に入り過去記事を不定期にこのブログにアップしていきたいと思います。) その他に、「カテゴリー」→「掲示板」にて2ちゃんねる型掲示板もやっています。気軽に書き込みお願いいたします。 ドシドシコメント、トラックバックお寄せください!! ブログランキングご協力お願いいたします。 漫画、格闘技、音楽、ゲーム、映画、アニメ、テレビ 、本、スポーツ、動画、ランキング、私的あれこれなどなど書いていきます!!! 現在、特にボクシング、XBOX360(特にキャッスルクラッシャーズ、テイルズオブヴェスぺリア、アンリアルトーナメント3)、将棋、もやしもんにハマッております!!! ボクシング界は今、世界では「ライト級」日本では「スーパーバンタム級」が一番熱い!!(私的見解) 当ブログ全読制覇!!! よろしくお願いいたします!! (管理人名:「さかつ37」で統一!!) 2009.2.21
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(11/14)
(07/25)
(07/20)
(05/07)
(04/12)
(04/12)
(04/05)
(04/01)
(04/01)
(03/31)
(03/29)
(03/29)
(03/24)
(03/24)
(03/21)
(03/21)
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/16)
(03/16)
(03/14)
(03/14)
(03/13)
(03/12)
最古記事
(12/22)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/27)
ブログ内検索
最新コメント
[12/12 AnnokeAlask]
[12/12 Unummaloonake]
[12/05 qqwuafgutz]
[11/30 zpzhwptgkm]
[11/27 wmvrcjhbbp]
[11/27 ywgudcgwto]
[11/15 btwicvfrrh]
[11/15 srnfzdkihk]
[11/15 xyhzcuysdb]
[11/14 Johngrass13252 ]
[11/13 cjecqggtiw]
[11/13 juxelrztpw]
[11/13 qyqnxluquv]
[11/13 cssnlboete]
[11/13 rkelsmsllp]
[11/13 dmykbmlfnd]
[11/13 woilwrzvuf]
[11/13 ovtzukitpp]
[11/13 fqrsfndpnk]
[11/08 Walles3342 ]
[11/08 cltuztjpol]
[11/07 kpjzbnnmeo]
[10/31 Carlsen1534 ]
[10/28 isnhdzjgyy]
プロフィール
HN:
karisuma37
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/03/07
職業:
会社員
趣味:
多数
自己紹介:
漫画、格闘技(特にボクシング)、スポーツ、ゲーム(特にXbox360)、映画、本、アニメなどなど多趣味人間です。
広く浅く??
よろしくお願いいたします!!!
ブログの評価 ブログレーダー
バーコード
フリーエリアⅠ
wwwwwwwwwwwww
*注意*
・たまに記事の文字が原因不明で消えかかった感じになったりしていますが、その消えかかっていいる部分から「マウス」→「左クリックしながら離さないで」範囲指定?するようにしたら、文字が復活します!!!
(コピー?するみたいな感じ?)詳しい用語が分かりません!!
・あとこのページがTOPページじゃない場合があります。 「タイトル」をクリックして、最新ページをご覧ください。 よろしくお願いいたします!!!
以上原因不明な注意事項です!!拍手する

PING送信プラス by SEO対策

よろしくお願いいたします!!!
・フリー情報・
・なんでも情報局・
*XBOX360 実績解除状況
(3.29現在)
「2880」(遊んだゲーム数「44」)

*3.12 ラリオスVS粟生Ⅱ生観戦行ってきました!!
一言感想「面白かった!!」



*下田と対戦したホセ・アルボレダは、WBA世界元2位でなく元1位だったみたいです。(失礼しました。)



*私的愛読漫画発売予定!!
3.17 はじめの一歩 87
3.19 シグルイ 12
3.19 ばりごく麺 2
3.23 聖☆おにいさん 3
3.23 モテキ 1


「バンダム」→「バンタム」で記事をお読みください。 (ずっと勘違い(無知の恥)・・・恥ずかしいです。)

 
----------------------------------------
フリーエリアⅡ
ご協力お願いいたします!!!
よろしくお願いいたします!!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 開催を明日24日(土・現地時間)に控えたAffliction『Day of Reckoning』の公開計量が、23日(金・同)にカリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで行われた。

 ファンに開放されて行われた計量は、1試合1試合のインターバルが長く、約90分も要したが、ズッファ系の大会と比較するとややゆるいオーガナイズで、ファイターとの距離が近くファンには好評だった。「UFC SUC○S」という看板を掲げた熱狂的なファンが、「俺はダナ・ホワイトが大嫌いだ。PRIDEが最高だった」と叫ぶシーンも見られた。

 なお、PPVオープニングカードで出場予定だったクリス・ホロデッキーは、握力が通常の20パーセントという状態で、試合出場を認められなかったため、ボビー・グリーンの代役出場が決定。ダン・ローゾンと対戦する。

 計量結果は以下の通り。

■Affliction『Day of Reckoning』

<WAMMAヘビー級選手権試合/5分5R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル:230ポンド(104.3キロ)
アンドレイ・アルロフスキー:237ポンド(107.5キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジョシュ・バーネット:248ポンド(112.4キロ)
ギルバート・アイブル:240ポンド(118.8キロ)

<ミドル級/5分3R>
マット・リンドランド:186ポンド(84.3キロ)
ヴィトー・ベウフォート:184ポンド(83.4キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ティエリー・ソクジュ:205.25ポンド(93キロ)
ヘナート・ババル:204ポンド(92.5キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ポール・ブエンテーロ:244ポンド(110.6キロ)
キリル・シデルニコフ:229.5ポンド(104キロ)

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン:155.5ポンド(70.5キロ)
ダン・ローゾン:155.5ポンド(70.5キロ)

■HDNetバウト

<ライトヘビー級/5分3R>
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ:204.75ポンド(92.8キロ)
ウラジミール・マティシェンコ:204.5ポンド(92.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイ・ヒエロン:169.25ポンド(76.7キロ)
ジェイソン・ハイ:170ポンド77.1キロ)

<フェザー級/5分3R>
バオ・クアーチ:145.5ポンド(65.9キロ)
LC・デイビス:143.75ポンド(65.2キロ)

<フェザー級/5分3R>
アルバート・リオス:145ポンド(65.7キロ)
アントニオ・デュアルテ:145ポンド(65.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ブレット・クーパー:169ポンド(76.6キロ)
パトリック・スペイト:169ポンド(76.6キロ)

・明日「アフリクション」にて行われる、エメリヤーエンコ・ヒョードルVSアンドレイ・アルロフスキー。
ヒョードルは、日本で最強に最も近い男として名をはせた。
アルロフスキーもUFCの頂点にたった男で、アメリカでの知名度ではアルロフスキーの方が上か!?

そんな両者の対戦・・・

ヒョードルは、PRIDEでジョシュ・バーネットを除くすべての超がつく強豪を撃破しつづけ、この「最強」という称号を得た。
PRIDE崩壊→アフリクション
アフリクションのリングでも、元UFCヘビー級王者 ティム・シルビアを秒殺し、アメリカでもその名を轟かせようとしている。
今回の、対戦相手アンドレイ・アルロフスキー。
この男を撃破したならば、アフリクションでは、ジョシュ・バーネットのみとなる。
その後は、UFCへ(例えばです。)
UFCを見渡しても、ランディー・クートゥアやブロック・レスナー、フランク・ミアーくらいか??

ヒョードル世界最強ロード最終章といったところだと思う。

アルロフスキーとジョシュ、UFC3強

ヒョードルには、ぜひとも全選手撃破→真の「世界最強」になってもらいたい。





PR
『修斗のカリスマ』佐藤ルミナが、立ち技総合格闘技 シュートボクシングへ


・ここ数年、勢いや若さの壁に苦しみつづける修斗のカリスマがシュートボクシングに参戦する。

修斗以外では、ほとんど試合をしない(グラップリングの大会や確か一度シュートボクシングの興行に出てた気がする・・・グランドゼロだっけ? 記憶違いかな。)、修斗にこだわり続けた男が、新天地へ。

立ち技総合格闘技とはいえ、まったくルールが違う環境の中で、カリスマが再び輝きを取り戻せるのか?


注目したい!!
UFC93
私的ピックアップした試合結果のみお知らせ!!!


ダン・ヘンダーソンVSリッチ・フランクリン

・判定2-1 勝者 ダン・ヘンダーソン


マウリシオ・ショーグンVSマーク・コールマン


・3R4分36秒TKO 勝者 マウリシオ・ショーグン

あとは、デニス・カーンは一本負け、ジェレミー・ホーンは判定負け。


試合は、まだ観てないので、何とも言えませんが、カーン負けた・・・あらま!!

今日深夜のWOWOWにて、たぶん録画して観戦だと思いますが、観たいと思います。
K-1 WORLD MAX2009~日本代表決定トーナメント~
2月23日(月) 東京・国立代々木競技場第一体育館 開始17:00(予定)

<日本代表決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R・延長1R>
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)
HAYATO(フューチャートライブ)

<日本代表決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R・延長1R>
TATSUJI(アイアンアックス)
山本優弥(青春塾)

<日本代表決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R・延長1R>
日菜太(湘南格闘クラブ)
城戸康裕(谷山ジム)

<日本代表決定トーナメント1回戦第1試合 3分3R・延長1R>
小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI)
アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チームオロゴン)

<日本代表決定トーナメント リザーブファイト 3分3R・延長1R>
尾崎圭司(チームドラゴン)
白須康仁(花澤ジム)

<準決勝第1試合>
1回戦第1試合(自演乙 vs. HAYATO)勝者
1回戦第2試合(TATSUJI vs. 山本)勝者

<準決勝第2試合>
1回戦第3試合(日菜太 vs. 城戸)勝者
1回戦第4試合(小比類巻 vs. アンディ・オロゴン)勝者

<決勝>
準決勝第1試合勝者 vs. 準決勝第2試合勝者

・リベンジマッチが二つとあとは、超新星 日菜太VS前年王者 城戸と最強のオタク 長島VS日本トーナメント皆勤賞 HAYATO。
日菜太VS城戸って、一回戦からヤバすぎ!!!
楽しみ!!
長島けっこう打撃荒いけど破壊力満点そうだから、打たれ弱いHAYATOをやっちゃうかも!?
優弥VSTATSUJIはもういいや・・・みたいな。
小比類巻は前回負けたとき、ケガしていたとか言ってたから、今回どうなるかな。
09年K-1ミドル級(70キロ以下)シリーズの日本代表を決めるトーナメントの出場8選手が発表された。
 08年の日本代表決定戦では優勝経験者不在のフレッシュなラインアップであったが、09年は08年王者の城戸康裕が出場するほか、04年と05年の2連覇王者である小比類巻太信が2年ぶりの日本代表決定戦カムバックを果たす。

 また、08年に主戦場とするR.I.S.E.で白須康仁、龍二、HAYATOの3選手を破る躍進を遂げた日菜太と、アキバ系のコスプレで一部に絶大な人気を博す長島☆自演乙☆雄一郎が初出場することとなった。
 トーナメントの組み合わせは、ワールドGPやMAXのファイナル8組み合わせ決定で用いられている公開抽選会が14日に都内で開かれる予定。

 あわせてMAXシリーズの年間スケジュールも発表。日本代表決定戦後、4月21日に福岡マリンメッセで1回戦を行い、7月中旬に日本武道館で2回戦を実施。10月上旬の横浜アリーナで準決勝、決勝の1DAYトーナメントを行う。日本代表決定戦を含む4イベントとも、TBS系列でゴールデンタイムに放映予定。

 なお、08年王者の魔裟斗とベスト4の佐藤嘉洋は日本代表決定戦への出場を免除され、開幕戦へと出場する。

■K-1ワールドMAX2009~日本代表決定トーナメント~
2月23日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館 開場16:00、開始17:00

【日本代表決定トーナメント出場選手】

[08年日本代表決定戦王者]城戸康裕(日本/谷山ジム)
[04年、05年日本代表決定戦王者]小比類巻太信(日本/ブラーヴィラガッツィ)
[07年日本代表決定戦ベスト4]アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チームオロゴン)
[UKFS・ウェルター級王者]HAYATO(日本/フューチャートライブ)
[初代R.I.S.E.70kg級王者]日菜太(日本/湘南格闘倶楽部)
[05年R.I.S.E.デッドオアアライブ王者]TATSUJI(日本/アイアンアックス)
[第23代全日本キックウェルター級王者]山本優弥(日本/全日本キック・青春塾)
[NJKF初代S・ウェルター級王者]長島☆自演乙☆雄一郎(日本/魁塾)

【出場予定選手】

佐藤嘉洋、武田幸三、上松大輔、HIROYA、我龍真吾、大渡博之、才賀紀左衛門、尾崎圭司、白須康仁、ほか

■K-1ワールドMAX2009~ファイナル16~
4月21日(火)福岡マリンメッセ

■K-1ワールドMAX2009~ファイナル8~
7月中旬 東京・日本武道館

■K-1ワールドMAX2009~ファイナル~
10月上旬 神奈川・横浜アリーナ

・山本優弥、出場には?な感じっす!!
私的には、全勝の長島☆自演乙☆雄一郎と今勢いのある超新星 日菜太の出場はうれしい。
小比類巻やHAYATOに早く引導を渡してもらいたい。
本命は、やはり城戸かな。
前年制すとだいたい次も制すから。

城戸VS小比類巻(現日本王者VS元日本王者)
長島VSHAYATO(ニューフェイスVS常連)
日菜太VSTASUJI(現R.I.S.E王者VS元R.I.S.E DOA王者)
山本Vオロゴン(リベンジマッチ)
が私的にはベストな組み合わせかな!?

M・A(マーシャルアーツ日本キックボクシング)とNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)両理事長が11日に都内で開かれた会見に出席し、WBCムエタイルールを用いた統一ランキングの発足を発表した。

 25日に後楽園ホールで開かれるNJKF主催大会では両団体の同級ランカーによる統一ランキング戦2試合が実施され、この結果をふまえた第1回のランキング発表が1月末に行われる予定。

 WBCムエタイルールの採用にはJMC(ジャパンプロフェッショナルムエタイコミッション)が歓迎を表明しており、WBCムエタイルールで活躍した選手は世界ランキングへの推薦を行っていくという。

 また会見ではタイ人選手主流のWBCムエタイにおいて、その他の国の選手が活躍しやすい環境づくり推進がなされていることや、世界タイトルと別に設けられたインターナショナルタイトルはタイ人選手以外で争われることなどが、JMC山根千抄理事長より報告された。

 会見出席者のコメントとマスコミとの質疑応答は以下のとおり。

■M・Aキック宮川拳吾理事長

 私どもの連盟とNJKFさんを合わせますと約80もの加盟ジムがあり、今年から両団体がWBCムエタイルールにのっとりランキング戦を開催することになりました。
 NJKFさんとはこれまで何度もお話し合いをさせていただく中で、うちと相通ずるものを感じ、いい関係を築けることを祈ってあいさつと代えさせていただきます。

■NJKF斎藤京二理事長

 WBCムエタイルールに基づく統一ランキング戦の導入にあたっては、昨年から話し合い検討を重ねてまいりました。このランキングではNJKF、M・Aキックに限らず、他団体の選手とも交流戦を実施していきたいと考えています。そしてランキングの価値を向上していき、WBCインターナショナル戦や世界ランキング戦、さらにはタイトルマッチへつながる飛躍を遂げていきたいと考えています。

■JMC山根千抄理事長

 09年より始まるMAキックさんとNJKFさんの統一ランキング戦にWBCムエタイルールを採用いただけるとのことで、大変感謝いたしております。
 JMCはWBCムエタイの日本窓口として、世界におけるWBCムエタイへの日本人選手推薦を促進していきます。
 09年からはWBCムエタイの世界ランキング委員会に対し、日本人選手の推薦機関を発足し、WBCムエタイルールで行われた試合結果や選手推薦をより積極的に行っていきたいと思っています。
 そして実績を積み重ね、できるだけ近い将来に日本でもタイトルマッチを実施する働きかけを強化していきたいと考えています。
 18日には中国政府の支援する大会が開催され、M・Aキックからアトム山田選手がWBCムエタイルールの試合に出場します。

──M・AさんとNJKFさんの独自ランキングは継続?

斎藤理事長 団体ごとのランキングは継続します。両団体の近しい順位選手が戦い、統一ランキングを作っていくことになります。

──WBCムエタイルールを採用した理由は?

斎藤理事長 WBCムエタイのインターナショナル戦、ランキング戦、タイトルマッチを先の目標として考えたためです。

──統一ランキングはWBCムエタイの世界ランキングに反映される?

山根理事長 統一ランキングがそのままWBCムエタイの世界ランキングに反映されるものではありませんが、WBCムエタイルールで行われた試合レポートは(WBCムエタイへ)レポートしていきます。今回発足する統一ランキングが世界ランキングに反映されるには時間がかかると思いますが、実現へ向けて働きかけていきたいと思います。

 08年の10月にWBCムエタイの総会に参加した際、いくつか決まったことがございます。現在のムエタイ、特に日本人選手の主戦場となる軽い階級ではたくさんのタイ人選手が活躍しています。そういう状況の中で、ランキングの10位以下はなるべくタイ以外の選手で構成する取り決めがなされました。また世界タイトルと別に設けられるインターナショナルタイトルについては、タイ以外の国の選手たちで争う取り決めができました。ただし、タイ以外の国に在住するタイ人選手は除きます。
 ですので、統一ランキング上位の選手を推薦してはいきますが、統一ランキングがそのまま世界ランキングと同一になるようなものではないと考えています。

──ランキングの発表時期は?

宮川理事長 暫定ランキングは作っていただいているのですが、もう少し見直しと協議を行い、今月中には発表できるようにしたいと思います。

──世界ランキング推薦には統一ランキング戦への参加が条件?

山根理事長 推薦条件は検討中ですが、WBCムエタイ世界ランキングへの推薦にはWBCムエタイルールでの実績が絶対条件になるかと思います。

──25日の大会ではどの試合がランキング戦?

斎藤理事長 25日の大会では、宮越宗一郎対一貴、一輝対渡辺大介の2試合が統一ランキング戦になります。

宮川理事長 当初5対5の対抗戦を目標としていたのですが、M・Aでは2月と08年12月の大会で相当数の選手が試合に出場しているため今回は2試合の実施となりました。

──統一タイトルの構想は?

宮川理事長 両団体の興行の兼ね合いでなかなか難しいとは思いますが、うまくかみ合えば年末までに4~5人のチャンピオンを決めたいと考えています。

──M・Aさんではいつから統一ランキング戦を?

宮川理事長 4月から実施したいと考えています。

──M・Aさん、NJKFさん以外の団体へ参加呼びかけは?

山根理事長 ご説明やご相談を行ってはいますが、今のところお返事はいただいておりません。

スポーツナビ 格闘技より

・私的には、キックボクシング界を統一して欲しい!!
「TOUITSU」ワンデイトーナメント実施などで、徐々に溝が埋まりつつあるが、
まだまだ実現して欲しいカードがたくさんある。

理想・夢・・・

こういうニュースは大歓迎!!!
去年の大晦日 『Dynamite』


実現は、しなかったものの水面下で、動いていたと噂されたビッグマッチがあったようです。

ミルコ・クロコップVS朝青龍


・結局は、相撲界など色々と障害があった為、実現はしなかったものの朝青龍は、満更でもなかったそうです。
もし、実現していたら、『現役横綱』VS『元PRIDE GP覇者』という夢のカードが生まれていたわけですか。

視聴率も当然上がるだろうし、最近衰えを隠せないミルコ・・・「もしかしたら」がありそうな気がする。

まだまだ先だけど今年の大晦日に期待しちゃっても良いのかな??

今まで、いろいろな発言がありましたが僕がインパクトの残っているコメントを紹介しちゃいます。

まず、永田さんが天山を中心とした、グループ 『GBH』の名称を、ビックマウスラウド風に変え、
『BFL』
天山を連想させる、
ビックフェイスラウドにした方が良いと提言。
天山は『永田、絶対ゆるさへん』とヒールらしからぬ、発言で永田さんに機先を制された感があった。
しかも、永田さんは
『GBH』を
ジャイアント・ビック・ヘッドの略とも発言。永田さんがとまらない。
 

最後は、なつかしき
魔界倶楽部の安田、村上との、IWGPタッグ選手権を制した、蝶天タッグの試合後のコメント

蝶野『いいか良く聞け!俺と蝶野・・天山』
俺と蝶野と天山って、蝶野が二人になってるし、ごまかせてないし、その時の天山のびっくりして、目を見開き蝶野を見た顔が実に愉快でした。

持っていれば、ワルプロのビデオチェックして、ぜひ見てみてください。面白いっす。

みなさんは、どんなコメントが印象に残ってますか?

私的エトセトラ37より

・発見!!

どうも、インパクトコメント2&試合集
早速紹介しちゃいます。

今回は、『狂犬』やほんの一時期『ぷっつん』という、わかりやす過ぎる(そのまんま)ニックネームで、(知っている人いるかな?)ハイテンションに暴れていた、
村上和成。
まず、村上さんからいきたいと思います。

インパクトコメント

魔界倶楽部時代
新日本勢に圧勝した、試合後。
村上がマイクアピール
村上『おーい!シンニッポン!!もう終わりかよー?』

一見、何にもないように見えるコメントだが何気に、シンニホン(プロレス)をシンニッポン(プロレス)と聞いたのは、初めてな気がして、とても印象に残った。

シンニホンプロレスだと、締まりがある。
シンニッポンプロレスだと、何かちょっと滑稽に感じる。(自分だけ!?)
 

インパクト試合集ですが、 今をときめく(いいともに出てたし)ジャイアントバボこと、(ジャイアントババじゃないよ!)長尾のデビュー戦
 

長尾、デビュー戦前にケガする。
別にショックや衝撃はうけなかったんだが、ケガのいきさつに、衝撃、大物の片鱗をみた。

北海道月寒グリーンドームで、試合が決定した長尾が、後楽園ホールのリングで挨拶した。

挨拶後退場の際、デビュー前の新人が何を思ったか、ロープをジャンプして飛び越えようとし、着地に失敗し、足をケガしてしまった。

で、試合前 高山が、長尾についてコメントをし、長尾を呼び、

高山『リングはな、カッコつける所じゃないからな!わかった?』
長尾に手痛い張り手一発試合前に食らわせ、その場を離れた。
残された長尾は、涙目になっていた。

魔界倶楽部もコメント
安田『なんで試合前にケガするやつとやんなきゃいけないんだよ!ふざけんな!』

村上『殺すのみ』

星野『高山、長尾ビッシビシいくからな!!覚悟しておけよ!』
(なつかしい!)

入場し、試合直前になって中邑が、やるみたいなアピールをしたが、長尾が制止し、気合いをいれ、場内大歓声!

歓声むなしく、長尾が数秒で、村上のパンチをまともにもらい、倒れたとこを蹴られ踏まれの、ボコボコに。

その後、高山にタッチし盛り返すも、つかまってしまい、再び長尾へ。

ちょっと攻めたあと、安田にパンチくらい。ジ・エンド!

てな、感じでした。
(違ってたら、すんません。)
 

長尾は、その後中西に『馬鹿』発言し、対戦。

何も出来ずに破れる。
その後、シンニッポンプロレスから離れ、
ハッスルで活躍。

わからんもんだな。

村上VS長尾

今やったらどうなるかな。観てみたい! 気がする。

私的エトセトラ37αより

・コメント集1は探し中です!!
 

永田さん
斎藤さんをちょぴりぱくりつつ、永田さんについて語りたいと思います。

最近は、プロレスを見る機会が減ってしまったんですが、最初に好きになった格闘技がプロレス。

永田さんの魅力といえば、腕固めなどの時の顔から白目王子といわれていますが、プチ失神王子でもあると思ってます。
リングアウト、カウントが19になって、それまで全く動かないで倒れていたにもかかわらず、急に立ち上がり走ってリングに入って、セーフ(ハラハラさせやがるな、失神王が。)みたいな、シーンがたびたびありました。 (全日本の2.99プロレス、永田さんの19プロレス)

ミルコ戦でも、プチ失神で、秒殺負け。(これぞ、お得意のプチ失神。)ドンマイ!

ヒョードルに、得意蹴りを叩き込みながらも、破れ。

IWGPヘビー級最多防衛記録保持者は、世間にたたかれるも、常にクオリティの高い試合をみせつづけ
る。そんな、永田さんが大好きです。
これからも、応援しつづけたいと思います。

私的エトセトラ37αより

・1.4東京ドームでも、田中撃破に成功!!

もうひとつの、1.4 全日本キックが後楽園ホールで興行!!

全試合結果です!!

■全日本キックボクシング「New Year Kick Festival 2009」
1月4日(日) 東京・後楽園ホール 

<ダブルメーンイベント 第7試合 石川直生・試練の七番勝負・第七戦 日本vsタイ 59kg契約 3分5R>
○石川直生(青春塾/全日本スーパー・フェザー級王者)
(3R59秒 KO)
●スアフワンレック・シービューガーデン(元WMC世界フェザー級王者/現ラジャダムナンスタジアム・フェザー級7位)

<ダブルメーンイベント 第6試合 日本vsタイ 59kg契約 3分5R>
○山本真弘(藤原ジム/全日本フェザー級王者)
(2R1分58秒 TKO ※ドクターストップ)
●ペットエーク・ソー.スワンパクディー(タイ/元ラジャダムナンスタジアム・スーパー・バンタム級王者/元BBTVスタジアム・フェザー級王者)

<第5試合 第24代・全日本バンタム級王座決定戦 3分5R・延長1R>
○寺戸伸近
(5R判定3-0 ※50-46、50-47、49-47)
●瀧谷渉太
※寺戸が第24代・全日本バンタム級王者に

<第4試合 全日本ミドル級ランキング戦 サドンデスマッチ3分3R・延長1R>
○貴之ウィラサクレック(WSRフェアテックス/全日本ミドル級2位)
(3R判定3-0 ※3者とも30-27)
●CRAZY884(クレイジージム)

<第3試合 60kg契約 サドンデスマッチ3分3R・延長1R>
○藤牧孝仁(はまっこムエタイジム/全日本ライト級2位)
(延長R判定2-1 ※10-9、9-10、10-9)
●大高一郎(STRUGGLE/全日本スーパー・フェザー級2位)

<第2試合 全日本バンタム級王座決定トーナメント・準決勝 サドンデスマッチ3分3R・延長1R>
○寺戸伸近(青春塾/全日本バンタム級1位)
(3R判定3-0 ※3者とも30-25)
●那須儀治(WSK/興気塾/全日本バンタム級5位)

<第1試合 全日本バンタム級王座決定トーナメント・準決勝 サドンデスマッチ3分3R・延長1R>
●割澤 誠(AJジム/全日本バンタム級2位)
(3R判定3-0 ※29-28、30-28、29-27)
○瀧谷渉太(WSK/桜塾/全日本バンタム級4位)

【オープニングファイト】

<全日本バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト サドンデスマッチ3分3R・延長1R>
○水原浩章(光ジム/全日本バンタム級6位)
(3R判定3-0 ※30-27、30-27、30-28)
●原岡武志(STRUGGLE)

<オープニングファイト第2試合 フェザー級 3分3R>
△上杉隼土(超越塾)
(3R判定ドロー ※30-30、30-29、30-30)
△小山泰明(建武館)

<オープニングファイト第1試合 ウェルター級 3分3R>
●押田伸之(はまっこムエタイジム)66.4キロ
(3R判定3-0 ※3者とも29-28)
○小山佑介(STRUGGLE)66.6キロ

・真弘の最近の強さは際立ってますな。
ナオキック負けるかな?と思っていたけど勝ちましたか!!
凄いな!!!
バンダム級№2の寺戸が新チャンピンです。(ちなみに№1は藤原あらし)
2ちゃんねるより

1.4戦極の全試合結果速報!!


オープニングファイト1 ライトヘビー級級 5分2R
〇入江秀忠 (2R:4分21秒 TKO) ●加藤 実

オープニングファイト2 ライト級 5分2R
〇マキシモ・ブランコ (1R:36秒 TKO) ●井上誠午

第1試合 戦極ヘビー級ワンマッチ 5分3R
〇チェ・ムベ (2R:2分22秒 TKO) ●デイブ・ハーマン

第2試合 戦極ライト級ワンマッチ 5分3R
〇光岡 映二 (1R:4分22秒 腕拉ぎ十字固め) ●セルゲイ・ゴリアエフ

第3試合 戦極ヘビー級ワンマッチ 5分3R
●中尾“KISS”芳広 (1R:1分42秒 TKO レフェリーストップ) 〇アントニオ・シウバ

第4試合 戦極ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
〇キング・モー (1R:3分54秒 TKO) ●内藤征弥

第5試合 戦極ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
●吉田 秀彦 (3R終了時判定 1-2) 〇菊田 早苗

第6試合 戦極ミドル級チャンピオンシップ 5分5R
●三崎 和雄 (5R:3分26秒 チョークスリーパー) 〇ジョルジ・サンチアゴ

第7試合 戦極ライト級チャンピオンシップ 5分5R
●五味 隆典 (1R:1分41秒 アキレス腱固め) 〇北岡 悟

・五味、三崎敗れる・・・
吉田VS菊田の試合内容が気になる!!
キング・モーは順当に勝ったか。
光岡は、ゴリアエフを撃破は嬉しいっす!!
2008.12.31 Dynamite ~勇気のチカラ2008~

全試合結果を2ちゃんねるより
あと、簡単な私的感想を!!

(観戦記といえるほど、腰を据えてじっくりみていませんので、簡単な感想とします。)

第1試合[D] ○ミノワマン (1R1分01秒、足首固め) エロール・ジマーマン×
・まさかのダイジェストwww
まぁ、予想通りで、結果的には何の面白みもない。
K-1よ!!エロジマンをもっと 大切にしろ!!!

第2試合[K] ○卜部功也 (3R2分21秒、TKO) 日下部竜也× ※ドクターストップ
・興味なかったので、ガキ使いや紅白を見ていました。

第3試合[K] ○HIROYA (3R判定3-0) 嶋田翔太×
・同じく!!

第4試合[K] ×佐藤嘉洋 (3R判定2-0) アルトゥール・キシェンコ○
・思ったよりつまらんかった!!
今年大きく進化した両者だったが、私的「うーん」でした。

第5試合[D] ×所英男 (1R2分43秒、腕ひしぎ十字固め) 中村大介○
・「UWF全開」!!
回転体みたいな。クルクルっす!!
所・・・

第6試合[K] ×坂口征夫 (1R3分52秒、KO) アンディ・オロゴン○
・どうでもいいかな!!

第7試合[K] ×卜部功也 (延長R判定3-0) HIROYA○
・観てません!!

第8試合[D] ×キン肉万太郎 (1R5分22秒、KO) ボブ・サップ○
・キン肉万太郎www
サップに負けんなよ!!

第9試合[D] ○セーム・シュルト (1R5分31秒、三角絞め) マイティ・モー×
・シュルトさんが華麗に仕留めておられましたね。

第10試合[D] ○桜井“マッハ”速人 (1R7分01秒、TKO) 柴田勝頼×
Dynamiteでも「柴田タコ殴り祭り」でしたね。
早く止めて欲しかった!!キツイは!!!

第11試合[K] ×武田幸三 (1R2分47秒、KO) 川尻達也○
・川尻が、「勇気のチカラ」みせてくれました。
武田もっと打てよ!!攻めろよ!!
今大会の私的ベストバウト!!

第12試合[K] ×バダ・ハリ (1R2分02秒、KO) アリスター・オーフレイム○
・ハリは、結局は「最低の一年」だったのかな。
最初は、順風満帆だったのに。
「あーあ」がっかりっす!!
オーフレイムは、容赦ないな!!

第13試合[D] ○ミルコ・クロコップ (1R6分32秒、KO) チェ・ホンマン×
・ミルコしょぼ!!びっくり!!!
退化?し過ぎ。
それを越えるホンマン。
今大会の私的ベストソルト決定!!!

第14試合[K] ×武蔵 (1R2分32秒、KO) ゲガール・ムサシ○
・武蔵www
ケガールは、「最高」の一年だったのでは?

第15試合[D] ○メルヴィン・マヌーフ (1R0分18秒、KO) マーク・ハント×
・ハントwww
マヌーフは、K-1GP決勝につづきやってくれました!!

第16試合[D] ○青木真也 (1R1分32秒、ヒールホールド) エディ・アルバレス×
・青木凄いな!!
アルバレス・・・
青木はスゴイ!!!

第17試合[D] ○田村潔司 (2R判定3-0) 桜庭和志×
・時の流れは、切ない・・・
塩試合であるような、ないような。
そういった次元にないような。
なんともいえない不思議な試合だった。
桜庭、悲しいけど限界だろ!!

※[K]=K-1ルール、[D]=DREAMルール 第2、3試合はK-1甲子園準決勝、第7試合はK-1甲子園決勝
※ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバンはハンセンの負傷により中止
(これは、本当に残念!!)

・K-1甲子園は、2ちゃんでも、「休憩タイム」だとか書かれていますが、塩研的には「第二の武蔵育成所」てな感じだけど、世間的にということを考えると、もっと「個性」
のようなものがほしい。
高校生にしては、凄いかもしれないけど、技術的には未熟なのだから、K-1甲子園なられはの「若さ」「フレッシュさ」やせっかくこんなに良きライバルに囲まれているのだから、この物足りなさを払拭するような、「何か」がほしい。

あと、番狂わせというか、総合からK-1挑戦。
「勇気のチカラ」を観た気がしました!!
(逆にエロジマンとかある意味柴田とかwww)
2008.12.31「Dynamite!!~勇気のチカラ2008~」さいたまスーパーアリーナが行われます!!
「遂に・・・」とか「待ってたぞ!!・・・」
てな感じでは正直なかったのですが、大晦日に格闘技は、私的にも定着しているので、観ると思います。(ガキ使もちょいみたいけど)
最近、私的にも総合格闘技離れがおこっていますが、昔の知識をフルに生かして、
生意気に語ってみたいと思います!!



<第18試合 ミドル級 DREAMルール>
田村潔司(日本/U-FILE CAMP)
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)

・田村的には、このタイミングでやるのがベストだったのか??
噂になっては消えつづけてきた黄金カード。
田村の断る理由が、「今やるべきタイミングではない。」だったらしい。

私的にも世間的にも遅すぎだろてな感じですが、やらないよりはやった方が当然良いカードなので、決まってよかったと思います。

PRIDEの元代表?榊原さんだったっけ??
あんなに観たがったカードだから、来場するのかな?
私的には、桜庭に勝ってもらいたい!!

<第17試合 ライト級 DREAMルール>
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)
J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカントップチーム)

・知らない人のほうが多い、何気にリベンジマッチ。
過去に、修斗で両者は対戦。
判定で、ハンセンが勝利。
初代DREAMライト級王者が返り討ちにするのか?
カルバンが、リベンジ成功&DREAM王者撃破達成なるか??
私的には、カルバンの判定勝ち!!グランドで上取りまくって判定みたいな。

<第16試合 ライト級 DREAMルール>
青木真也(日本/パラエストラ東京)
エディ・アルバレス(米国/エリートXC/ファイト・ファクトリー )

・幻の決勝戦・・・
私的最注目カードっす!!
実力№1決定戦
私的には、アルバレスのKO勝ち予想!!パウンドでジ・エンドみたいな。
「大晦日はKOじゃなきゃ!!」

<第15試合 ヘビー級 DREAMルール※特別ルール 5分3R>
ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream team)
マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)

・MMAルール(MMAのグローブ)で殴りあったほうが、スリル満点だからこのカード
になったんかな??
予想は難しいけど、ハントがなんとなく勝つ気がする!!(テキトーだなWW)
テイクダウンして、コツコツパウンドみたいな感じで、グダグダ判定になりそう。
けっこうK-1ファイターって、「こんな薄いグローブで人を殴っても大丈夫か?」
みたいな感じなコメントするわりには、ボブ・サップvsバンナみたいなグダグダな試合になることが多いイメージがある。(この試合だけ??)



<第14試合 無差別級 K-1ルール>
武蔵(日本/正道会館)
ゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)

・「むさしは二人もいらない。」
とケガール・ムサシが言ってたというK-1関係者??に対し、武蔵は「絶対本人言ってないじゃん」と・・・
このやり取りだけでお腹いっぱいっす!!試合内容なんてどうでもいいっす!!
武蔵が、体のデカさを生かし、武蔵流で判定勝ちとみました。



<第13試合 ヘビー級 DREAMルール>
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)
チェ・ホンマン(韓国)


・「崖っぷち」
の両者・・・
ミルコがグルグル回って判定勝ち!!
全然どうでもいいカード!!

――休憩――


<第12試合 無差別級 K-1ルール>
バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)

・「悪魔王子のK-1レッスン」
オーフレイムにK-1の洗礼を浴びせるとみました。
バダ・ハリKO勝ち!!

<第11試合 ミドル級 K-1ルール>
武田幸三(日本/治政館)
川尻達也(日本/T-BLOOD)

・これは、武田さんのローキックで、TKO勝ちでしょ!!
名勝負の予感!! 

<第10試合 ウェルター級 DREAMルール>
桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)
柴田勝頼(日本/ARMS)

・微妙だな。
マッハが、グランドにもっていき一本勝ちでしょ。

<第9試合 ヘビー級 DREAMルール>
セーム・シュルト(オランダ/正道会館)
マイティ・モー(米国/フリー)

・このカードも・・・
シュルト判定勝ち!!

<第8試合 ヘビー級 DREAMルール>
ボブ・サップ(米国/チームビースト)
キン肉万太郎

・おふざけカードwww
万太郎が勝つんじゃないの??TKO勝ち!!!

――休憩――

<第7試合 K-1甲子園決勝戦>
どうでもよいのでカット!!!

<第6試合 DREAMルール>
坂口征夫(日本/坂口道場 横浜)
アンディ・オロゴン(ナイジェリア/フリー)

・オロゴンKO勝ち!!

<第5試合 ライト級 DREAMルール>
所 英男(日本/チームゼスト)
中村大介(日本/U-FILE CAMP.com)

・中村さんのファイトスタイル好きです!!
中村vs藤沼、中尾戦が好きです。
中村判定勝ち!!

<第4試合 ミドル級 K-1ルール>
佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテンオデッサ)

・キシェンコの判定勝ち!!
裏MVP同士の戦い!!

<第3試合 K-1甲子園準決勝 K-1ルール 3分3R>
HIROYA(日本/セントジョーンズインターナショナルハイスクール)
嶋田翔太(日本/私立西武台高校)

よー、わからんのでカット

<第2試合 K-1甲子園準決勝 K-1ルール 3分3R>
卜部功也(日本/千葉県立岬高校)
日下部竜也(日本/愛知県立豊田高校)

カット!!

<第1試合 無差別級 DREAMルール>
ミノワマン
エロール・ジマーマン

・ミノワマン一本勝ち!!

――開会式――

<K-1甲子園 リザーブマッチ>
佐々木大蔵
平塚大士

カット!!

・この試合数WWWWWWW
ボリューム満点!!
ベストバウトとベストソルトは果たしてどの試合に??

最初に一言
『悲劇』です・・・


私的に気になったカードのみ、ピックアップします。


長南亮VSブラッド・ブラックバーン


判定3-0 勝者 ブラックバーン

・ブラッド・ブラックバーンて強いの?
長南負けちゃった・・・UFCクビかな?


岡見勇信VSディーン・リスター


判定3-0 勝者 岡見勇信


・岡見は安定してますな。日本人で唯一活躍している選手ですな。リスターは、確かアブタビコンバット無差別級王者だった気がします。そんな実力に勝ったのだから、岡見は、本物ッス!!


ヴァンダレイ・シウバVSクイントン・ランペイジ・ジャクソン


1R KO 勝者 ジャクソン(しかも、失神大の字KOだそうです。)


・ヒー!!『PRIDEの悲劇』・・・

3度目の対戦となった、両者。

過去2戦は、シウバのKO勝ち。

そして、今回の結果は、ジャクソン3度目の正直となる。

しかも、大の字失神KO・・・

残酷過ぎる。

僕が失神しそうッス!!


UFC世界暫定ヘビー級タイトルマッチ


王者 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVS挑戦者 フランク・ミア


2R TKO 勝者 フランク・ミア


・ギャアー!!『PRIDEの悲劇』その2・・・

ノゲイラがまさかのTKO負け。左ストレート→パウンドだそうです。


まさか過ぎる。

ミアは、正規王者 ブロック・レスナーを下したことがあるけど。
ありえない・・・


UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ


王者 フォレスト・グリフィンVS挑戦者 ラシャド・エバンズ


3R TKO 勝者 エバンズ


・過去に、チャック・リデルを破っているラシャド・エバンズが勢いそのままに、『UFCの人気者』フォレスト・グリフィンに、TKO勝ち!!


ラシャド・エバンズは、全勝をキープ。

次は、誰とやんのかな??


・いやー、チームPRIDEほぼ全滅。

いやいや・・・


PRIDEの逆襲に期待。

誰に??


思い浮かばん・・・
大月晴明 k-1参戦決定!!

その知らせを聞き、心躍った。

大月晴明は、デビューから怒涛の18連勝。
そのうちKO勝ちは、なんと16!!
とてつもない、戦績を残すも、ケガなど(モチベーション低下も・・・)により、約1年間欠場。

久々の、復帰戦をタイで行うも、無名のタイ人に4RTKO負け。 初黒星を喫してしまう。
その後も、勝ったり負けたりを繰り返し、現在の戦績は、26戦22勝(19KO)4敗。
復帰後に限っては、4勝(2KO)4敗、全盛期は過ぎた・・・そういう声も少なくない。

しかし、大月自身は、今回のK-1参戦 「逃げる奴は、必要ない。」とやる気満々!!
(モチベーション上昇?) しかも、KID戦にも意欲的!!!

大月VSKIDという夢のカード・・・
考えただけで、ワクワクする。(僕だけ?)

まずは、第一歩、K-1初参戦の相手である、デビット・ドゥージャに勝つこと、
それも、インパクトのある勝ち方で!!
大月は、それができる選手!!
ヒジなし、首相撲なしのK-1ルールならなおさら、期待できる。
K-1ルールは、大月には適してると思う。

ドリームカード実現のためにも、豪快なKO勝ちをしてもらいたい。
爆腕に夢をのせて・・・
ぜひとも、大月晴明という名を世間に轟かせてもらいたい。
がんばれ!!大月!!!
(あと、ボヨヨンロックが会場に鳴り響くのか? そこもある意味注目!!)


私的スポーツエトセトラ37より(なつかし記事ピックアップ!!)
・大月K-1戦績2戦2勝(1KO)ですか。
もっともっといろんな人に知ってもらいたい選手です。


Copyright 私的エトセトラ37ism~漫画、格闘技、ゲーム、スポーツ、本、テレビ・・・~。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]