忍者ブログ
熱しやすく、冷めやすい、多趣味人間の書く多ジャンルブログです。 私的エトセトラ系列の総本山!!(過去に色々なブログで書いた、お気に入り過去記事を不定期にこのブログにアップしていきたいと思います。) その他に、「カテゴリー」→「掲示板」にて2ちゃんねる型掲示板もやっています。気軽に書き込みお願いいたします。 ドシドシコメント、トラックバックお寄せください!! ブログランキングご協力お願いいたします。 漫画、格闘技、音楽、ゲーム、映画、アニメ、テレビ 、本、スポーツ、動画、ランキング、私的あれこれなどなど書いていきます!!! 現在、特にボクシング、XBOX360(特にキャッスルクラッシャーズ、テイルズオブヴェスぺリア、アンリアルトーナメント3)、将棋、もやしもんにハマッております!!! ボクシング界は今、世界では「ライト級」日本では「スーパーバンタム級」が一番熱い!!(私的見解) 当ブログ全読制覇!!! よろしくお願いいたします!! (管理人名:「さかつ37」で統一!!) 2009.2.21
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(11/14)
(07/25)
(07/20)
(05/07)
(04/12)
(04/12)
(04/05)
(04/01)
(04/01)
(03/31)
(03/29)
(03/29)
(03/24)
(03/24)
(03/21)
(03/21)
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/16)
(03/16)
(03/14)
(03/14)
(03/13)
(03/12)
最古記事
(12/22)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/25)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/26)
(12/27)
ブログ内検索
最新コメント
[12/12 AnnokeAlask]
[12/12 Unummaloonake]
[12/05 qqwuafgutz]
[11/30 zpzhwptgkm]
[11/27 wmvrcjhbbp]
[11/27 ywgudcgwto]
[11/15 btwicvfrrh]
[11/15 srnfzdkihk]
[11/15 xyhzcuysdb]
[11/14 Johngrass13252 ]
[11/13 cjecqggtiw]
[11/13 juxelrztpw]
[11/13 qyqnxluquv]
[11/13 cssnlboete]
[11/13 rkelsmsllp]
[11/13 dmykbmlfnd]
[11/13 woilwrzvuf]
[11/13 ovtzukitpp]
[11/13 fqrsfndpnk]
[11/08 Walles3342 ]
[11/08 cltuztjpol]
[11/07 kpjzbnnmeo]
[10/31 Carlsen1534 ]
[10/28 isnhdzjgyy]
プロフィール
HN:
karisuma37
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/03/07
職業:
会社員
趣味:
多数
自己紹介:
漫画、格闘技(特にボクシング)、スポーツ、ゲーム(特にXbox360)、映画、本、アニメなどなど多趣味人間です。
広く浅く??
よろしくお願いいたします!!!
ブログの評価 ブログレーダー
バーコード
フリーエリアⅠ
wwwwwwwwwwwww
*注意*
・たまに記事の文字が原因不明で消えかかった感じになったりしていますが、その消えかかっていいる部分から「マウス」→「左クリックしながら離さないで」範囲指定?するようにしたら、文字が復活します!!!
(コピー?するみたいな感じ?)詳しい用語が分かりません!!
・あとこのページがTOPページじゃない場合があります。 「タイトル」をクリックして、最新ページをご覧ください。 よろしくお願いいたします!!!
以上原因不明な注意事項です!!拍手する

PING送信プラス by SEO対策

よろしくお願いいたします!!!
・フリー情報・
・なんでも情報局・
*XBOX360 実績解除状況
(3.29現在)
「2880」(遊んだゲーム数「44」)

*3.12 ラリオスVS粟生Ⅱ生観戦行ってきました!!
一言感想「面白かった!!」



*下田と対戦したホセ・アルボレダは、WBA世界元2位でなく元1位だったみたいです。(失礼しました。)



*私的愛読漫画発売予定!!
3.17 はじめの一歩 87
3.19 シグルイ 12
3.19 ばりごく麺 2
3.23 聖☆おにいさん 3
3.23 モテキ 1


「バンダム」→「バンタム」で記事をお読みください。 (ずっと勘違い(無知の恥)・・・恥ずかしいです。)

 
----------------------------------------
フリーエリアⅡ
ご協力お願いいたします!!!
よろしくお願いいたします!!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 史上最強の棋士論議

史上最強の棋士については、将棋界囲碁界で議論の絶えないところである。

将棋において最強候補は、最低でも数人はいる。どのような視点で見るかによって見解は異なり、1人に絞ることは不可能である。 例えば以下の棋士達はいずれも史上最強議論の常連である。

  • 「鬼」「宗英以前に宗英無く宗英以後にも宗英無し」とまで言われた、九世名人大橋宗英
  • 諸々の事情から名人にこそなれなかったが棋聖(後にタイトル名となった)と呼ばれる幕末の天才棋士、天野宗歩
  • 名人通算8期。戦前戦後に圧倒的な強さを発揮し「常勝将軍」とまで恐れられた十四世名人、木村義雄
  • 通算獲得タイトル7期(名人通算2期)。「新手一生」、独創的な序盤戦術で近代将棋の礎を築いた升田幸三
  • 通算獲得タイトル80期(名人通算18期)。昭和の将棋界に一時代を築き、今なお「巨人」と評される十五世名人大山康晴
  • 通算獲得タイトル64期(名人通算15期)。大山の後継として昭和後期から平成初期の将棋界を席巻した「棋界の若き太陽」、十六世名人中原誠
  • 通算獲得タイトル27期(名人通算5期・史上最年少名人)。「光速の寄せ」。随一の終盤の寄せの速度を誇る十七世名人資格者谷川浩司
  • 通算獲得タイトル70期(名人通算5期)。史上初の七冠を達成し、現在もタイトル数を増やし続ける十九世名人資格者羽生善治

(上記のタイトル数は2008年7月現在)

  • 第34、35回全日本アマチュア名人戦 アマ名人。第6回読売アマ実力日本一 優勝。「新宿の殺し屋」「プロ殺し」の異名を持つ小池重明

宗英・宗歩に関しては現代の棋士に比べて知名度が圧倒的に劣るので議論になることは少ない。また日進月歩の定跡の進化の中で情報戦の様相を呈している現代将棋との棋譜からの比較は困難である。しかし天野宗歩は伝説的な棋士で、棋譜も多数残されている。当時の将棋界では傑出した実力者であったため、現存する棋譜は駒落ちの手合割のものが多いが、その実力は十分に窺うことが出来る。内藤國雄など現代の棋士の多くが宗歩の将棋を絶賛している。一方宗英も、「天野宗歩は強い。しかし一番強いのは宗英だ」と升田幸三がよく言っていたと伝えられるほどの存在である(なお宗英・宗歩と七世名人伊藤宗看を加えた三者は、「三英傑」とも呼ばれる)。

木村は名人になってから10年の間、平手で負けたのは一局のみ。当時の強さは驚異的で現在では考えられないほどの国民的ヒーローでもあった。今に残る木村定跡をはじめ将棋界のレベルの向上に大きく貢献し名人の権威を高めた。

升田は史上初の三冠を達成し、主に序盤の戦い方に革命をもたらし「将棋というゲームに寿命があるなら、その寿命を300年縮めた男」と評された。健康に問題があったこともあり、実績面では大山に大きく遅れをとってしまったが人気は高く、その現代的な感覚で今でもファンが多い。休場は多いものの1979年に引退するまでA級以上に連続31期とどまった。

実力制名人になった昭和以降で一番長期にわたって強さを発揮したのは疑いもなく大山である。当時は今よりはるかにタイトルや対局数が少ない時代でありながら(初タイトル獲得時は二冠しかなく、全盛期に入った1963年にようやく五冠になった)、通算獲得タイトル数80期、棋戦優勝124回、通算勝数1433勝は現在に至るまで歴代1位。名人位18期、同一タイトル通算獲得20期(王将)をはじめすべてのタイトルで満遍なく強さを発揮した。全盛期の強さはまさに圧倒的で全冠(三、四、五冠)をとった期間も長い。1959年から66年にかけて全冠でなかったのは2期のみである。59年から71年までのタイトル戦68期のうち8割を越す56期を獲得している。72年無冠になったがその後も長くタイトルを争い59歳までタイトルを保持し(王将戦)、66歳になってもタイトルに挑戦(棋王戦)し、69歳で死去するまで連続45年44期A級に居続けた。羽生も著作『決断力』で「将棋史上最強の棋士が十五世名人の大山康晴先生であることは、誰もが認めるであろう。」と語っている。

中原は大山より24歳ほど年下であるが直接対決では(ピークを過ぎていたとはいえ)大山を圧倒した点は光る(中原107-55大山)。1968年には歴代1位となる年度最高勝率.855を達成し10年連続で勝率7割を超えた。2007年9月には史上二人目となる通算1300勝を達成している。獲得タイトル数64は大山、羽生に次いで歴代三位であるが全冠は達成していない。

現在もタイトル数を増やしており特に熱い期待がもたれているのは羽生である。1996年2月から7月まで史上初となる七冠を独占した。現時点までの獲得タイトル数は70期(2008年7月現在)で歴代2位。また同一タイトル(王座位)を16期連続して保持している(歴代1位)。獲得賞金も10年連続通算14回首位を保持しており(2007年分まで)今後どこまで記録を伸ばせるか注目されている。

・ど素人の僕から見れば、羽生さんが最強だと思っていましたが、他にもこんな凄い人がたくさんいたとは・・・
最強が誰かなんて選ぶの難しいっす!!

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright 私的エトセトラ37ism~漫画、格闘技、ゲーム、スポーツ、本、テレビ・・・~。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]